PwCアドバイザリー合同会社

PwCアドバイザリー合同会社

PwCアドバイザリー合同会社の年収・給与(49件)

ユーザーの平均年収
931万円
ユーザーの平均年齢
29.0
年収の範囲
500万円 〜 2,500万円
年齢の範囲
22歳 〜 51歳
平均貯金額
669万円
平均金融資産
1,748万円

PwCアドバイザリー合同会社の年収・給与制度

【職種】

プロフェッショナル(アドバイザリー)

管理部門(法務、マーケット)


【タイトルと年収】

アソシエイト(A):年収000000万円

シニアアソシエイト(SA):年収00000000万円弱

マネージャー(M):年収00000000万円

シニアマネージャー(SM):年収0000000000万円

ディレクター(D):年収0000000000万円

パートナー(P):年収00000万円〜


*P以外のタイトルはEmerging / Proficient / Advancedの3つのZoneに分かれる。

各タイトルの年収下限はEmerging最低評価、年収上限はAdvanced最高評価を想定。

*Pの年収は非エクイティパートナーで0000000000万円、エクイティパートナーで00000000000万円程度。PwCグローバルではP内だけで24階層ある。


【福利厚生】

・カフェテリアプラン:ベース0万円/年。ウォーキングポイント(5,000歩/月で00000円/月)と健康診断受診(00000円)の加算で合計0000円/年

・公認会計士厚生年金基金の旅行補助が000円/年

・PwCグローバルで契約しているホテルの優待

・リモートワーク手当:00000円/月(000が対象)

・確定拠出年金:0000円/月を会社が積立(D以下が対象)

・マッサージルーム:000円/hで利用可能(コロナ禍で休止中)


【昇進】

・A→SA:00年が目安。

・SA→M:00年が目安、00歳以上のSAも存在する(0年で昇進するのは中途入社の優秀者)。

・M→SM:優秀者は0年だが、Mにステイし続ける人も多い。SMはD,Pと共に営業を行うため、MとSMでは業務内容が大きく異なり、昇進においても壁がある。

・SM→D:早いと00年、000000000。スムーズに昇進すると00歳手前。

・D→P:00000000000000000000000000。組織全体600〜700名のうち年間0名程度がPに昇進している。


【評価】

■スナップショット評価(昇進)

・年2回、以下の5項目をそれぞれ1〜5の5段階で評価。

Whole Leadership(ソフト)

Business Acumen(ハード)

Technology and Digital(ハード)

Inclusion and Diversity(ソフト)

Relation(ソフト)

・プロジェクトごとにマネージャーがメンバーに関して上記5項目の5点満点5角形(スナップショット)で評価し、集約したスナップショットに基づき「コーチ」と「チームリーダー」という2名体制で評価する。

・コーチとチームリーダーがCareer Round Table(CRT)に最終評価を報告し、昇進可否が決定。

・ソフトスキルとハードスキルのバランスが取れていることが重要。

・各項目について、5は1段階上のタイトル、4は部分的に上のタイトル、3はステイ、2は部分的に1段階下のタイトル、1は明らかに下のタイトルくらいのレベル。

・5が00個、4が00個で昇進。0000だとステイ。PwCコンサルティングよりも000の昇進判定。

・降格はほぼないが、Emergingの下限に評価が張り付いた場合、PIP的なカウンセリングも行われる。


■インパクトケア評価(7月賞与)

・年1回、Tier1〜5(1〜2が上位00%、3が00%)の5段階評価。

・M以下→00000、SM以上→0000による定量評価。

・SA〜Aだと有償稼働率0割程度が求められる。

・SM以上の案件受注に関して、000000すべしという社内方針あり。000000000000000000000000000000000000000000000000000000

・年間のファーム収益を原資に評価に応じて賞与を分配。何ヶ月分支給といった目安はなく、好況時と不況時では00程度の変動がある。

・特に好況だと7月賞与以外に特別賞与の支給もある(0000万円程度)。


【その他】

・2022年4月入社までは新卒においてはPwCコンサルティングとPwCアドバイザリーを同じ窓口で一括採用していたが、業務内容の違いもあり2023年4月からは別窓口となる(中途採用では従前から別窓口)。

00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000



※各社の年収・給与制度はユーザーから提供された情報に基づいて作成しており、最新のものではない可能性があります。また、内容の正確性や信頼性等を保証するものでもありません。当サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。

閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら
expand_more

PwCアドバイザリー合同会社の給与データ

企業名
グレード
年収
マネージャー
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
38歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
マネージャー
年収
0000万円
ベース(年)
0000万円
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
0000万円
アソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
25歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
アソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
0000万円
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
0000万円
アソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
25歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
アソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
0000万円
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
0000万円
シニアアソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
30歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
シニアアソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
0000万円
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
0000万円
アソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
24歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
アソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
0000万円
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
0000万円
アソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
24歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
アソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
-
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
-
アソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
26歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
M&Aアドバイザリー
グレード
アソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
-
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
-
アソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
22歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
アソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
-
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
-
アソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
29歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
アソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
-
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
-
アソシエイト
0000
万円
PwCアドバイザリー合同会社
年齢
27歳
性別
男性
在籍年数
-
社会人経験年数
-
職種
コンサルタント
グレード
アソシエイト
年収
0000万円
ベース(年)
-
ボーナス(年)
0000万円
ストック(年)
-

同じ業界(コンサル・シンクタンク・専門事務所)の企業

同じ業界(コンサル・シンクタンク・専門事務所)の企業をもっと見る

OpenMoney(オープンマネー)は、個人のお金に関する情報をオープンにすることで、お金に関する最適な選択ができるようサポートします。

無料ユーザー登録ログイン