日本生命保険相互会社

日本生命保険相互会社

統計データ(53件)

ユーザーの平均年収
000万円
ユーザーの平均年齢
00.0
年収の範囲
000万円 〜 000万円
年齢の範囲
00歳 〜 00歳
平均貯金額
0万円
平均金融資産
0000万円

閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら

日本生命保険相互会社の年収・給与制度

【社員の種類】

職群として新卒では総合職、エリア総合職、営業総合職、法職FC(法人職域ファイナンシャルコーディネーター)がある。


・総合職:幅広い職種につくが、本社の機能に携わる社員が多いとされる。

・エリア総合職:総合職の中でもエリア(東京、関西の2つ)に特化した職群。総合職に比べて、リテールに関する本社の機能(法人営業の推進であったり、販売チャネルの開発であったり、営業分野と絡んだ機能を持つ)に携わることが多い。エリア総合職の中でも転居を伴う形態と伴わない形態がある。

・営業総合職:主に営業拠点の管理者として営業職員をマネジメントをする役割を持つ。

・法職FC:企業のオフィスに出向いてその従業員に対して営業を行う。採用人数が多い一方で、辞める人も多い。


【職位と年収イメージについて】

・非役:年収000万円程度

・副主任:年収000000万円

-年次が上がるごとに緩やかに昇給する。

・課長補佐:年収000万円~

-毎年、年収が00万円ほど上がっていく。新卒10年~11年目で年収が00000万弱程度に到達する。

・課長代理:年収000万円~

-課長補佐と同じペースで年収が上がる。基本的に残業代は出るが、残業代が出ない部署(営業関連の部署では固定残業制となる可能性)もある。

・課長:年収00000万円~

-残業代がつかなくなる。

-残業が多い課長補佐と課長代理の社員は課長と変わらない年収水準となる。

・部長:00000万円~

-ここからは年収が上がりにくくなる。

・役員:不明


給与に占める賞与の割合は0割程度である。

エリア総合職の場合、総合職に比べて昇進のスピードが遅いため年収も低くなる傾向にある(最速の昇進が0年ずつ遅いイメージ。同じ職位の場合は同じ年収となる)。


【昇進イメージ】

・非役→副主任:0

・副主任→課長補佐:0

-ここまでは横並びで昇進する。(一部、心身の不調や不祥事で昇進できない人もいる)

・課長補佐→課長代理:0

・課長代理→課長:0年~(最速で00歳前後)

・課長→部長:年数目安なし(最速で000前半)

・部長→役員:年数目安なし


【評価制度】

・概要

年に2回(9月、3月)評価があり、S、A、B、Cの4段階で相対評価がされる。

期初に目標を立てて、それに対する目標達成度を社員自身、及び上司が点数をつける。


・評価の内訳と賞与への影響

4段階の評価の内訳はS、Cは00%程度で、A、Bは不明。この割合は目安であり、Sの割合が減ったり、Cが00%を超えたり、またその逆のケースなどの多少の内訳の変動はある。

評価Sを取った場合、00%ほど賞与が増える。Cを取った場合、00%ほど賞与が減額される。評価AとBでは賞与への影響はほとんどない。


・評価の内実

年功序列による評価がなされており、部署にもよるが、全体的に適正な評価が下されているとは言えない。

例えば、副主任1年目と副主任3年目の社員では後者が良い評価を取る。年次が高い社員に対して低い評価を下すことが難しい雰囲気があり、表面的には定量的に評価を行っていると謳っているが、実態は主観的な評価がされている。



※各社の年収・給与制度はユーザーから提供された情報に基づいて作成しており、最新のものではない可能性があります。また、内容の正確性や信頼性等を保証するものでもありません。当サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 

閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら
expand_more

日本生命保険相互会社の社員・元社員の年収・資産データ(53件)

同じ業界(金融)の企業

同じ業界(金融)の企業をもっと見る

OpenMoney(オープンマネー)は、個人のお金に関する情報をオープンにすることで、お金に関する最適な選択ができるようサポートします。

無料ユーザー登録ログイン