伊藤忠商事株式会社

伊藤忠商事株式会社

統計データ(66件)

ユーザーの平均年収
000万円
ユーザーの平均年齢
00.0
年収の範囲
000万円 〜 000万円
年齢の範囲
00歳 〜 00歳
平均貯金額
0万円
平均金融資産
0000万円

閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら

伊藤忠商事株式会社の年収・給与制度

【社員の種類】

総合職と一般職の2種類に分かれる。

以下では総合職の給与に焦点を当てて説明する。


【職位・グレードについて】

下から以下のようになっている。

・グレード1(ランク1~4)

・グレード2(ランク1~4)

・グレード3(ランク1~10)

・グレード4(ランク1〜9):グレード4のランク前半までは一般社員、後半は課長代行→室長代行。

・グレード5(ランク1~5):課長クラス。ランク5は部長代行。

・グレード6(ランク1~4):ランク前半は部長、後半は部門長。

・グレード7(ランク1):役職のない執行役員一歩手前。部門長、経理部長、カンパニーCFO、カンパニープレジデント等。


【年収イメージ】

年収は固定給+賞与で示す。

・グレード1:年収000000万円

・グレード2:年収000000万円

・グレード3:年収0000000000万円

・グレード4:年収0000000000万円

・グレード5:年収0000000000万円

・グレード6:年収0000000000万円

・グレード7:年収00000万円


グレード0から残業代がつかなくなり、年俸制になる。

賞与はその年の会社の業績により±000000万円程度変動する。年収に占める賞与の割合が高いため、グレード5以上は±000000万円だと見込まれる。


【駐在時の年収手当】

駐在の場合、現地の給与にプラスで手当が出る。

現地の給与+物価調整手当+住宅手当(+危険地手当+別居手当)

・現地の給与:日本円ではなく、現地の給与でもらう。日本の等級に対して現地の給与テーブルと同程度の給与である。

・物価調整手当:年000000万円くらい。日本より物価が安いところはゼロ円で、手当がマイナスになることはない。

・住宅手当:国ごとに上限があり、上限内でアパートを探して実費を申請する。

・危険地域手当:月0000万円。インドやダッカなどは月0000万円程度。物価調整手当とは別物であり、物価調整手当がのみが支給され危険地手当は支給されないこともある。

・別居手当:月0000万円程度。駐在により別居しなければならない場合に支給される。


【昇進スピード】

・グレード1→グレード2:0年ごとにグレード内ランクが0つずつ上がり、0年間でグレード2のランク4まで上がる。グレード2へ昇進する際にはテストがあるが、0割の人は問題なく通過可能。一方、0割程度は主に英語で苦戦し、昇進ができない。

・グレード2→グレード3:不明

・グレード3→グレード4:ランク0からスタート。毎年コンスタントにランクが上がることはない。立てた目標への達成度を7段階(AA、AB、BA、BB、BC、CB、CC)で評価され、その達成度により1つずつランクが上がる。評価基準は不明。000000000を約10年間取り続けるとグレード4に昇進できる。優秀な成績を残した場合は0年間で昇進の可能性もある。課長代行、室長代行までは基本的に誰もが昇進できる。

・グレード4→グレード5:昇進する際にかなり人数が絞られる。昇進できずに転職を選ぶ人も多い。

低い評価(BC、CB、CC)をとるとランクダウンの可能性もある。グレードを跨いだランクダウンに関しては、グレード3→グレード2は可能性が低く、グレード4→グレード3は起こり得る。


【評価制度】

査定は年に0回。AA、AB、BA、BB、BC、CB、CC の7段階評価である。

評価は人事ではなく、それぞれの所属長が決定する。

評価方法については評価軸が開示されておらず、不透明である。

そのため仕事に対する熱意が高い社員から評価軸を明確にしてほしいとの声があり、これについては労働組合が申し入れをしている。


※各社の年収・給与制度はユーザーから提供された情報に基づいて作成しており、最新のものではない可能性があります。また、内容の正確性や信頼性などを保証するものでもありません。当サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 


閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら
expand_more

伊藤忠商事株式会社の社員・元社員の年収・資産データ(66件)

同じ業界(商社)の企業

同じ業界(商社)の企業をもっと見る

OpenMoney(オープンマネー)は、個人のお金に関する情報をオープンにすることで、お金に関する最適な選択ができるようサポートします。

無料ユーザー登録ログイン