PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社

統計データ(108件)

ユーザーの平均年収
0000万円
ユーザーの平均年齢
00.0
年収の範囲
000万円 〜 000万円
年齢の範囲
00歳 〜 00歳
平均貯金額
0000万円
平均金融資産
000万円

閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら

PwCコンサルティング合同会社の年収・給与制度

【社員の種類】

職種は以下の通りである。

・Strategy& 戦略コンサルタント職(プロジェクトの期間は000程度)

・ビジネスコンサルタント職

・テクノロジーコンサルタント職

・ITソリューションコンサルタント職(プロジェクトの期間は00

ほとんどの部門で共通の給与体系が取られている。

※Strategy&及び、テクノロジーコンサルタント職の中のデータアナリティクス部門では異なる給与体系が取られている。

以降は上記部門以外のほとんどの部門で適用されている給与制度を説明する。


【タイトルと年収について】

それぞれのタイトルごとに「Zone」という3段階のグレードに分けられており、年収もZoneにより決まる。

(下:Emerging、中:Proficient、上:Advanced)。


■アソシエイト(A)

-Emerging:年収000万円

-Proficient:年収000万円

-Advanced:年収000万円

■シニアアソシエイト(SA)

-Emerging:年収000万円

-Proficient:年収000万円

-Advanced:年収000万円

■マネージャー(M)

-Emerging:年収000万円

-Proficient:年収00000万円

-Advanced:年収00000万円

■シニアマネージャー(SM)

-Emerging:年収00000万円

-Proficient:不明

-Advanced:不明

■ディレクター(D)

-Emerging:不明

-Proficient:年収00000万円

-Advanced:年収00000万円

■パートナー(P)

-Emerging〜Advanced:不明、パートナー内の給与レンジは非常に広いと言われている。


・賞与は中央値を想定している。

・中途採用で、これまでの経歴よりも低いタイトルで入社する場合は(マネージャーの経験を持ちながらシニアアソシエイトで入社するなど)、0000000する。


【昇進イメージ】

A→SA:最速000ほど

SA→M:0年目で昇進できれば順調

M→SM:0年ほど

SM→D、D→M:個人差が大きい


・半年に1回、Zoneが昇進するチャンスがある。一度の昇進でZoneが2段階上がるケースも存在する。

00000ことによる00はない。中途で採用した社員の0000000000000場合でも00000000000000、社内では00000000000

・現在はStrategy&を除きUp or Outの風潮はなくなっており、0000000000000000000000000000も可能になっている。(ただし、000000000000000000000ことはない)


【評価制度】

昇進に関する評価(スナップショット評価)

スナップショット評価が半期、及びプロジェクトごとに行われ、昇進の是非が決定される。

・評価の仕方

①プロジェクトごとにジョブマネージャーが被評価者のスナップショット(5角形で示される)を作成する。スナップショット評価では5つの項目をそれぞれ5段階(1〜5)で評価し、それら全てを足した25点満点で評価が決定される。

②被評価者に1対1でつく「Coach(被評価者と同チームでマネージャー以上のタイトルを持つ社員)」が被評価者のスナップショットを集め、Zone昇進の可否を判断する。

③Coachがその内容をCareer Round Table(CRT)に報告し、被評価者の最終的な昇進可否が判断される。

・スナップショットの評価項目5つ

-0000000000000000

-000000000000000

-0000000000000000000000

-00000000000000000000000

-00000000

・Zone昇進のイメージ

-5つの評価項目が0000000000際にタイトル内でのZone昇進ができる。

-5段階評価の0はEmerging相当、0はProficient相当、0はAdvanced相当である。

-例えば、アソシエイトの社員がそれぞれの項目で0を取得した場合、Advancedに昇進できるというイメージ。

賞与に関する評価

・プロジェクトでの貢献度をジョブマネージャーが判断し、Tier1〜5(基本的には00000が付けられる)の評価がなされ賞与が決定される。その判断軸はブラックボックスである。

・Tierが1つ違うことによる賞与額の差はタイトルによって異なり、詳細は不明である。

例:アソシエイトの場合、Tierが1つ違うことで0000円程度の差がつくと言われている。



※各社の年収・給与制度はユーザーから提供された情報に基づいて作成しており、最新のものではない可能性があります。また、内容の正確性や信頼性等を保証するものでもありません。当サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 

閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら
expand_more

PwCコンサルティング合同会社の社員・元社員の年収・資産データ(108件)

同じ業界(コンサル・シンクタンク・専門事務所)の企業

同じ業界(コンサル・シンクタンク・専門事務所)の企業をもっと見る

OpenMoney(オープンマネー)は、個人のお金に関する情報をオープンにすることで、お金に関する最適な選択ができるようサポートします。

無料ユーザー登録ログイン