アクセンチュア株式会社

アクセンチュア株式会社

統計データ(317件)

ユーザーの平均年収
0000万円
ユーザーの平均年齢
00.0
年収の範囲
000万円 〜 000万円
年齢の範囲
00歳 〜 00歳
平均貯金額
0000万円
平均金融資産
0000万円

閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら

アクセンチュア株式会社の年収・給与制度

【社員の種類】

職群としては主に以下のものがある。

・戦略・経営コンサルタント:いわゆるビジネスコンサルティングを行う人材。

・ITコンサルタント・エンジニア:SEのような役割を持つ。

・マーケティング・デザイン:Webデザイン、構築、運用などを担当している。

・上記のほか、バックオフィス(経理財務、人事、総務、法務など)やアシスタント(主にManaging Directorの日程調整やプロジェクトのPMOを担当する)も存在する。


職種としては主に以下のものがある。

・ストラテジー:顧客の経営上の重要課題や戦略的取り組みを支援する。

・コンサルティング:専門的な業界知識やアナリティクスを活用し、顧客の経営や事業の変革実現・成果創出を支援する。

・インタラクティブ:エクスペリエンス起点のビジネス変革実現のパートナーとして、設計、構築、コミュニケーション、運用を支援する。

・テクノロジー:New ITを駆使し、顧客企業の「インテリジェントエンタープライズ」への変革を支援する。

・オペレーションズ:業務プロセスアウトソーシング(BPO)を担う。


【職位・グレードについて】

Level別に分けられており、1〜11まである。数字が小さいほど職位が高い。

レベル別の役職としては以下の通りである。

・Level1~5:Managing Director(Level5の一部はPrincipal Directorというものも存在している)

・Level6:Senior Manager

・Level7:Manager

・Level9:Consultant

・Level11:Analyst

ビジネスコンサルティング本部ではLevel8、10は該当なし。


【職位ごとの年収イメージ】

・Analyst:基本給000万円~ + 残業代(目安として0000000万円程度)+ 賞与(原則なし、あるとしても00万円程度)

・Consultant:基本給000万円~ + 残業代(目安として0000000万円程度)+ 賞与(原則なし、あるとしても000万円程度)

・Manager:基本給00000万円~ + 賞与(000万円程度)

・Senior Manager:基本給00000万円~ + 賞与(000万円程度)

・Principal Director/Managing Director:基本給00000万円~ + 賞与(000万円程度)

従来は同じ職階内でも3-4段階のレベルが存在し、レベルごとに基本給も7-10%程度異なっていた。現在は職階内のレベル分けがなくなったが、おおよそのレンジは従来の制度を踏襲している。


【その他の給与制度】

・住宅手当として、Consultant以下は、賃貸もしくは自己所有の住宅に住んでいる場合に月に3万円の補助。

・毎月で月収の1割を上限に積立を行い、半年に一度市場株価の15%引で自社株を購入が可能となる。

・Manager以上になってくると賞与の金額でより直接的に差が生じる。


【昇進イメージ】

・Analyst→Consultant:0

・Consultant→Manager:0

・Manager→Senior Manager:0

・Senior Manager→Principal Director:0

・Principal Manager→Managing Director:Principal Directorの際に営業力が認められるとManaging Directorとなる。


・中途入社の場合、年齢と職位にはあまり関係がない。

・Analystの時点から周りとの差が生じる。優秀な場合は社員であればSkipと呼ばれる扱いで1〜2年で次の職位に上がる。

・職階ごとに要求されるクライテリアが設定されており、すべてのクライテリアで高評価を得られたら次の職階に上がる仕組み。職階が上がらない場合でも、よほど評価が悪くない限り、7〜10%程度の昇給はある。


【評価制度】

プロジェクトごとにSVと呼ばれる業務上の上長によりパフォーマンスが評価され、プロジェクト終了時にフィードバックを受ける。そして個々人にキャリアカウンセラーと呼ばれる評価上の上長がつき、各SVの評価を集約する。その後、マネージャー以上の役職者による評価会議で、年度の最終的な評価が決定される。

・ストラテジー部門は評価者が少ないため、個人の好みが評価に反映されやすい。

・中途採用の場合はどんなに優秀でも1年での昇格がほぼ見込めないなど、評価の透明性は乏しい。


※各社の年収・給与制度はユーザーから提供された情報に基づいて作成しており、最新のものではない可能性があります。また、内容の正確性や信頼性等を保証するものでもありません。当サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。

閲覧するには会員登録が必要です。

無料ユーザー登録アカウントをお持ちの方はこちら
expand_more

アクセンチュア株式会社の社員・元社員の年収・資産データ(317件)

同じ業界(コンサル・シンクタンク・専門事務所)の企業

同じ業界(コンサル・シンクタンク・専門事務所)の企業をもっと見る

OpenMoney(オープンマネー)は、個人のお金に関する情報をオープンにすることで、お金に関する最適な選択ができるようサポートします。

無料ユーザー登録ログイン