2021/07/30

コンサル業界への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト10選

コンサル業界への転職を考えるなら登録しておきたい本当に使えるおすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介します。大手転職エージェントから登録型スカウト・ヘッドハンティングサービス、コンサル業界に強い特定業界特化型転職エージェントまで、各社の比較や特徴などを詳しく解説します。z

コンサル業界に強い転職エージェントを選ぶ時のポイント

転職活動の際に転職エージェントを使うメリットや転職エージェントを選ぶ時のポイントは、志望業界に関係なく基本的には同じです。(参考記事:『転職エージェント・転職サイトおすすめ11選【利用するメリット・選び方・効果的な使い方まで】』)

コンサル業界を志望するのであれば、以下のポイントがより重要になってくるでしょう。

・コンサル業界を中心に、自分の希望に近い求人案件を幅広く紹介してくれる

・ケース面接などコンサル業界特有の選考に対するサポートがある(特にコンサル業界未経験者の場合)

・コンサル業界や特定のコンサルティングファームと関係を構築できている


これらのポイントを踏まえつつ、コンサル業界を志望している場合の転職活動は以下のように進めていくのがおすすめです。

1. 転職サイトで情報収集したり、登録型のヘッドハンティングサービスに登録してスカウトが来た場合は希望を伝え、話を聞いてみる。

2. 複数の転職エージェントに登録する。大手の転職エージェントを1〜2社、業界特化型の転職エージェントを2〜3社登録する。業界特化型の転職エージェントは、自分の志望している領域に強い転職エージェントを中心に選ぶ。

3. 担当のキャリアアドバイザーを見ながら、最終的に付き合う転職エージェント(ヘッドハンター含む)を1〜2社選ぶ。

未経験者の場合は特に、コンサル業界だけに固執せずに幅広い選択肢を考えながら転職活動を進めていくのが良いでしょう。


以下、コンサル業界への転職におすすめの転職エージェント・転職サイトを、

・大手総合型転職エージェント

・登録型スカウト・ヘッドハンティングサービス

・コンサル業界に強い業界特化型転職エージェント(特に強いコンサルティングファームの種類ごとに分類)

の順に紹介していきます。

大手総合型転職エージェント(2つ)

1. リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は業界最大手の転職エージェント。圧倒的な求人案件数が最大の魅力で、コンサル業界の案件も充実しています。大手から中小規模のコンサルティングファームまで幅広く取り扱っていて、自分だけで転職活動をしていたり、中小規模の転職エージェント経由ではリーチできない案件まで網羅しています。コンサル業界だけでなく、希望に近い案件を幅広く提案してもらうのが良いでしょう。

リクルートエージェントにはコンサル業界の専門部署もあり、コンサル未経験者にもおすすめです。

コンサル未経験者から経験者、転職初心者から上級者、20代から50代までと誰にでもおすすめの転職エージェントです。ただし、経験者で戦略系や再生系、財務系のコンサルティングファームを志望している場合は、その領域に強い業界特化型の転職エージェントも合わせて利用するべきです。

2. JACリクルートメント

『JACリクルートメント』は外資系企業や日系大手のグローバルポジションの案件に強い大手転職エージェント。コンサル業界の案件も外資系を中心に幅広く取り扱っています。

コンサル業界専門のキャリアアドバイザーもいますが、取り扱っている案件の特性もあり、未経験者よりは経験者、30代から50代の方におすすめの転職エージェントです。

ハイキャリア向けの大手転職エージェントのため、30代以上で自分の経歴・能力に自信があり、コンサル業界だけでなく幅広く業界を見る場合にはまずは登録しておくべきです。

登録型スカウト・ヘッドハンティングサービス(2つ)

1. ビズリーチ

『ビズリーチ』は日本最大級のハイクラス向けヘッドハンティングサービス。職務経歴書と希望条件を登録しておくだけでヘッドハンターや企業からスカウトを受け取ることができます。実際のスカウトはヘッドハンターからが多いですが、一部の戦略系ファームや総合系ファームはビズリーチ上で直接スカウトも行っています。

有料のプレミアムステージに登録しないとすべての機能は利用できませんが、まずは無料で登録して、スカウトを待つのがおすすめです。(無料の登録でもヘッドハンターや企業からのスカウトを受けることはできます。)年収600万円以上であればそれなりにスカウトも来るので、まずは登録して自分の市場価値を把握しておくのも良いでしょう。

2. キャリアカーバー

『キャリアカーバー』はリクルートが運営するハイクラス向けヘッドハンティングサービス。ビズリーチと似ているサービスですが、ビズリーチとは異なり無料ですべて利用できます。また、企業からのスカウトはなく、すべてヘッドハンターからのスカウトです。

ビズリーチ同様、現在の年収600万円以上を目安に登録してみるのがおすすめです。ビズリーチと似ていますが、登録しているヘッドハンターや実際に来るスカウトにも違いがありますので、合わせて登録してみるのが良いでしょう。

戦略系コンサルティングファームに強い転職エージェント(2つ)

1. ムービンストラテジックキャリア

『ムービンストラテジックキャリア』はコンサル業界に特化した転職エージェント。戦略系ファームへの転職に特に強く、戦略系ファームの経験者であればまず登録する転職エージェントです。

各コンサルティングファームごとに、これまでの面接の内容なども詳細にデータとして蓄積されているので重宝します。英文のレジュメが必要な場合なども、使い勝手の良いフォーマットも用意されていて、転職エージェントを使う必要がないと考えているコンサル経験者にとっても何かと役に立つことが多いです。

キャリアアドバイザーによっては、マージンが高めの大手の案件ばかり勧めてきたり、求職者のスキルや年収レンジをシビアに見て、求職者によってはまともに対応をしないというケースも多いので要注意です。とはいっても、コンサル経験者や経歴・能力に自信のある方であれば登録しておいて間違いはありません。

2. コンコードエグセクティブグループ

『コンコードエグセクティブグループ』はコンサル・金融業界に強い転職エージェント。コンサル業界では戦略系ファームへの転職に特に強いです。

『ムービンストラテジックキャリア』と比べると知名度は劣りますが、会社としてキャリア教育事業にも力を入れているだけあってか、企業選びの前段階からのキャリアアドバイスも充実しています。選考対策や面接対策のサポートも丁寧です。コンサル未経験者で戦略系ファームを中心に考えている場合はおすすめの転職エージェントです。

財務・会計系コンサルティングファームに強い転職エージェント(2つ)

1. コトラ

『コトラ』は金融・コンサル業界に強い転職エージェント。コンサル業界では財務・会計系ファームへの転職に特に強いです。金融業界に強いこともあり、BIG4を中心とした大手の監査法人のアドバイザリー部門はもちろん、PEファンドや事業再生系のファームなど専門性の高い案件まで幅広く紹介してくれます。

キャリアアドバイザーも、目先の案件だけでなく、その先のキャリアまで考えた長期的な提案をしてくれることが多く、求職者の評判は総じて高いです。『ムービンストラテジックキャリア』同様、社内のサポート体制も充実しています。

コンサル経験者に加え、金融業界や財務まわりの職種出身のコンサル未経験者は登録しておいて間違いありません。

2. アンテロープ

『アンテロープ』は金融・コンサル業界に特化した転職エージェント。コンサル業界では財務・会計系ファームの他、戦略系ファームや総合系ファームへの転職にも強いです。金融・コンサル業界に特化しているだけあり、『コトラ』同様、大手監査法人のアドバイザリー部門の他、PEファンドや事業再生系ファーム、VC(ベンチャーキャピタル)まで幅広く提案してくれます。

戦略系コンサルの経験者や、金融・財務まわり出身の方であれば、『ムービンストラテジックキャリア』『コトラ』『アンテロープ』の3つに登録して、最終的に相性の良いキャリアアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶのが王道です。

総合系コンサルティングファームに強い転職エージェント(1つ)

1. アクシスコンサルティング

『アクシスコンサルティング』はコンサル業界に特化した転職エージェント。アクセンチュアやBIG4(監査法人)のコンサルティングファーム、アビームコンサルティングなどの総合系ファームや、NTTデータなどのIT系ファームへの転職に特に強いです。また、コンサル業界に特化しているだけあり、戦略系ファームや財務・会計系ファーム、シンクタンクなどコンサル業界全般の案件も幅広く取り扱っています。

総合系ファームやIT系ファームは採用人数も多いため、ノウハウも蓄積されており、サポート体制も整っています。特に、コンサル未経験者へのサポートが手厚いと評判です。

「なんとなくコンサル業界を考えている」というコンサル未経験者の方には特におすすめの転職エージェントです。

IT系コンサルティングファームに強いエージェント(1つ)

1. クライス&カンパニー

『クライス&カンパニー』はIT・コンサル業界に強いハイクラス向けの転職エージェント。コンサル業界ではIT系ファームを中心に、総合系ファームや戦略系ファーム、シンクタンク系ファームとコンサル業界のハイクラス案件に幅広く強いです。

もともとIT業界のエグゼクティクティブクラスのヘッドハンティングが中心だったこともあり、30代以上のハイクラスの求職者が中心ですが、20代のコンサル未経験者に対してでも非常に丁寧なサポートをしてくれると評判です。

ハイクラス案件を幅広く扱っているので、30代以上のコンサル経験者や経歴や能力に自信のある方はもちろん、20代のコンサル未経験者でも安心して利用できる転職エージェントです。

コンサル業界への転職は転職エージェントを使うのがおすすめ

コンサル業界の転職活動では、「ケース面接」など他の業界では見られない特殊なものもありますが、基本的な考え方を身につければ難しいものではありません。自分で対策もできますが、サポート体制の充実している転職エージェントを使えばより効率的に対策ができます。

また、コンサル業界未経験者・経験者問わず、非公開求人案件の紹介や選考の一部免除をはじめ、他にも転職エージェントを使うメリットは大きいので、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

20代のコンサル未経験者の場合、広い視野を持たずに「とりあえずコンサル」という思考でコンサル業界しか選考を受けない方も多いですが、あまりおすすめしません。未経験者であれば特に、自分自身でも幅広い業界を見つつ、幅広い選択肢を提案してくれる転職エージェントを選びましょう。

これまでの職歴やスキル、年代によっても自分の状況に合った転職エージェントは違ってきますし、担当のキャリアアドバイザーによっても変わってくる部分は大きいです。それぞれの転職エージェントの特徴を踏まえて複数の転職エージェントに登録し、複数のキャリアアドバイザーと面談した上で、時には遠慮せずキャリアアドバイザーの変更をお願いするなどもしながら、相性の良いキャリアアドバイザーと転職活動を進めてください。


参考:「コンサル・シンクタンク・専門事務所」の掲載企業一覧|OpenMoney

HOME記事一覧Page Top

OpenMoney(オープンマネー)は、個人のお金に関する情報をオープンにすることで、お金に関する最適な選択ができるようサポートします。

無料ユーザー登録ログイン